貸切バス、送迎バスサービス、福祉タクシー、ハイヤーサービス、貸切観光バス、リフト付観光バス、高齢者配食配達サービスなどを運営。東京都国分寺市。

SAFETY

安全のための取り組み

安全に対する想い

安全に関する想い~社長より~

当社では、「お客様にとって良い運転」とは
まず第一に「事故の無い運転」と位置づけております。
そして、事故がないだけではなく、「武州交通興業なら安心だ」と感じていただけるくらいの信頼感があってこそ、心地よい移動が可能になります。
当社では、事故ゼロが継続するよう様々な取り組みを行っております。

  • イメージ

運転技術向上のための取り組み

ドライビングスクール開講!

毎週土曜日提携教習所にて
4時間の当社オリジナル教習を受けていただいています!
当社提携教習所にて毎週土曜日に4名ずつ、当社オリジナルの教習を受けていただいています。
たとえば、運転に慣れきっている運転者が陥りやすい罠を用意し、方向転回やバス停付近での停止などの実技を通じて、何気ないことだけと大事なポイントを実体験させることで、安全の重要性をはらためて認識してもらいます。ベテランであっても常に初心に帰ることを気づかせるカリキュラムです。今後は、実施対象者の年齢を順次下げていき、2018年度までに在籍の運転手の全員の受講を予定しています。
  • イメージ
  • shidou1
  • イメージ

入社時新入講習

ベテラン指導員が運転技術も心構えも
責任を持って指導いたします!
当社では、入社していただいてから10日間は新入社員さん全員に共通した講習を受講していただいています。
まずは座学で①~⑦までを学び、あとは9日間、教習に協力して頂いている施設等のベテラン乗務員の同乗指導を行います。
<初期教育で学ぶ事項>
①社員としてもとめられるもの
②業界の現状と会社の概要について
③業務上の心得え
④就業規則・給与について
⑤安全運転と事故防止について
⑥車両関係及び乗務員の心得について(ベテラン乗務員実技含む)
⑦車両の点検・整備について(実技含む)
※一般乗用旅客事業のカリキュラムとは異なります。
  • イメージ
  • shinjinshidou1
  • shinjinshidou2

 

安全意識向上のための取り組み

事故情報等の最新事例の共有

最新の情報を仕入れ、
常に全社員で共有し、安全への意識を高めています!
適宜、ニュースで報じられた実際に起きた事故や、
その他の安全運行に関する最新の情報を各営業所に配信しています。
各営業所では、このニュースをもとに、点呼やその他研修の機会において活用しています。
情報源としては、新聞、テレビ、インターネット等の速報性のある媒体、また、関東運輸局報、東京交通新聞などの専門誌から得ています。
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

安全標語の作成!

「安全輸送は 焦らず、無理せず、油断せず」
安全標語を毎朝、全員で唱和し、安全について社員
みんなが、心掛けています!
「安全輸送は 焦らず、無理せず、油断せず」という標語を2017年から2年間、当社の安全標語として設定しました。この標語は年度初めに、本社をはじめ各営業所の個々人から候補となる標語を募り、選定委員会にて最優秀作品に選ばれたものを会社の安全標語【安全基本方針】とするものです。この標語は、毎朝の点呼時、管理者会議の開催時に全員で唱和し、常に安全の意識を持ち、心の中に刻み込んでいます。
  • イメージ
  • イメージ

交通安全カード

事故が無いのが一番!
事故が起きたとき対応できるのもプロの仕事です!
武州交通興業では交通安全カードという名刺大サイズのカードを個々人が携帯しています。カードの表面には上記の安全標語【安全基本方針】、会社の連絡先電話番号、裏面には、事故が発生した場合の処理手順が記載されています。万が一事故が発生した場合、運転手も気が動転することが想定されるので、とっさの判断が出来なくなる可能性があります。また、マニュアルなどを探している間に時間がだけが経過することも考えられます。そこで、さっと財布やカードホルダーから手早く取り出して、やるべき必要最低限のことを確認します。
  • イメージ

安全のための車両設備

ドライブレコーダーの活用

全車にドライブレコーダーを導入!
事故発生場面を録画し、事故の再発防止に努めます!
当社で稼働している全車両において、ドライブレコーダーが装着されております。事故が発生した場合や、クレームなどがあった際は、その事実関係を確認する客観的な証拠を収集する手段として活用し、また、実際にその録画の状況を当該運転手と確認しあうことで、実効性のある指導を行うことが可能です。データは録画機能とGPS機能との連動により、実際に車両が移動した記録も取ることが可能です。各営業所では、事故発生時のみならず、適宜、録画状況をモニターすることで、運転手の普段の運転状況を確認しています。
  • イメージ
  • イメージ

バックモニターの設置!

車両後部にはバックモニターを装着!
後退時の事故を防ぎます!
大型車両ですので、バック時に死角が発生しがちです。その死角を無くし、事故を防止するために当社のバスにはバックモニターを導入しています。
ヒューマンエラーを防止するオリジナル研修と加えて後退時の完全事故ゼロを目指します!
  • イメージ
  • イメージ

デジタル・タコメーターの設置!

デジタル・タコメーターを順次導入中!
運転の質の向上を図ります!
運転者の運転傾向や走行状況を様々な角度から記録できるデジタル・ タコメーターについて、先ずは貸切・観光バスと優先度が高い送迎車両(特別支援学校など)から順次導入を進めております。
 そのデータを分析し、結果に基づいて指導を行う事で、走行の安全性と快適性の向上に繋げてまいります !
  • dejitaco4
  • dejitaco1

全車に消火器を装備!

万一の車両火災に備えて、消火器を装備!
保安基準において、装備を義務付けされていない乗車定員11名以下の車両を含めて、全車両に消火器を装備しました。
また消防署と共同で車両火災訓練を実施し、乗務員に消火器の使い方を教習しています
  • syouka2

停車時輪留めの励行!

もしもの事故も予防できてこそプロ!
0.1%の確率でも事前に対策します!
停車時に車両が勝手に動いていしまわないように、武州交通興業では停車時の輪留めを行っています。
めったに起きるわけがないと考えがちですが、たとえ0.1%の確率でも事前に防止できるものにはすべてに対策をします!
  • イメージ

健康管理のための取り組み

年一回の健康診断&産業医を配備!

安全運転は乗務員さんの心身の健康から!
内科医と精神科医を産業医として委嘱!
運輸事業者には年一回以上の定期検診が義務付けられていますが、武州交通興業ではさらに産業医と契約し、体調に不安がある場合はすぐに相談できる体制を整えています。
特に最近では、生活習慣病等の改善の指導にも力を入れています。
また、2016年からはメンタル担当の産業医を設置しています。
  • イメージ
  • イメージ

健康起因事故を未然に防止するための取り組み!

乗務員の体調管理における、ヘルスケア機器の活用!
日々の運行業務において、突然の体調不良による事故(いわゆる健康起因事故)は絶対に避けなければなりません。体調を客観的に把握するために携帯心電計を各営業所に装備し、乗務員は日頃の健康状況を確認すると共に、体調不良の際は心臓疾患に起因するものであるか否かの判断材料として使用しております !
  • shindenzu

専属の管理栄養士が生活習慣病の予防をサポート!

専属の管理栄養士が毎月のおすすめメニューを提案!
生活習慣病の改善に力を入れています!
武州交通興業では、毎月の給与明細の中に、管理栄養士が作成した栄養指導の読み物を入れることで、食生活の改善も指導の柱として位置付けて、管理栄養面からもサポートをしています!
  • イメージ
  • イメージ

モチベーションアップのための取り組み

安全運転表彰制度の実施!

事故も病もマイナスな気持ちから!
表彰によるモチベーションアップで事故0を目指します!
武州交通興業では、毎年警察署からの表彰と社内での表彰の2つを行っております。
警察署からの表彰では各所轄の認定基準を受けて、社内でその条件に合致する者を推薦する形で表彰します。また、社内の独自の選定要領は、一定期間無事故無違反であるものの中から、入社年数、併せて、日頃の安全運行に取り組む姿勢などから優秀者を選定し、毎年2名を表彰しています。賞状と賞金の授与が実施されます。
  • イメージ

平成28年3月度、契約社員を全員正社員へ!

気持ちの乱れは、待遇の不安定さから!
平成28年3月、全員安定の正社員化達成!
平成28年3月度に既存のすべての契約社員を正社員へ移行させ、新規採用者も正社員として処遇しました。現在、正社員を希望する者に対しては、入社後3か月間の試用期間を経て、入社後1か月、2か月、3か月目にそれぞれ見極め基準に達しているかの面談を実施し、4か月目に正社員としての登用することとしています。よって、現在、当社においては、嘱託者、パートタイマー社員は除いて、期間を定めた契約社員はおりません。1年ごとの有期契約としないで、身分を安定化することによって、日々の安全運行業務にまい進してもらいたいとの願いからです。
  • イメージ

運輸安全マネジメント

平成18年10月から、自動車運送事業関係法(道路運送法及び貨物自動車運送事業法)の一部を改正する法律が施行され、運輸安全マネジメントが導入されました。当社では施行まえより準備を行い、社長を本部長とする「安全本部」を立ち上げ、輸送の安全性を高めていくとともに、安全マネジメント導入の礎を築いてまいりました。又、安全管理規定の制定・安全統括管理者の選任に併せて、運行に纏わる様々な諸規定の見直しを行い、全従業員に周知徹底し、輸送の安全確保を最優先に、高品質なサービス提供と快適な輸送環境を築くことにより、公共交通機関として地域社会に貢献する企業活動を推し進めてまいります。

平成29年度 安全基本方針

『安全輸送は 焦らず 無理せず 油断せず』

輸送の安全に関する基本的な方針

(1)社長は運輸の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全に
  主導的な役割を果たしてまいります。また現場における安全に関する声に真摯に耳を傾ける等、
  現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し、輸送の安全の確保が最も重要であるという意識
  を徹底させます。

(2)輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善(Plan.Do.Check.Act.)を確実に実施し、
  安全対策を不断に見直し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全
  性の向上に努めます。また輸送の安全に関する情報については、積極的に公表いたします。

輸送の安全に関する重点施策

(1)運輸の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び安全管理規程に定め
  られた事項を遵守いたします。

(2)運輸の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めます。

(3)運輸の安全に関する内部監査を行い、必要な是正処置又は予防処置を講じます。

(4)運輸の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有いたし
  ます。

(5)運輸の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを適格に実施いたし
  ます。

輸送の安全目標及び達成状況

 1.平成29年(平成29年1月1日~12月31日)の事故削減目標
  1)加害人身事故発生  0件
  2)加害物件事故発生  前年度比50%削減
  3)自損事故発生    前年度比50%削減
  4)被害事故発生    防衛運転実施により、可能な限り削減

 2.平成28年(平成28年1月1日~12月31日)の達成状況
  平成28年、自動車事故報告規則第2条に規定する事故が2件発生しました。

 3.平成27年(平成27年1月1日~12月31日)の達成状況
  平成27年、自動車事故報告規則第2条に規定する事故は発生しておりません。

安全運行規定

 武州交通興業の乗務員は、下記の事項を遵守し、事故のない安全な運行に努めます。

  1.最高速度の遵守及び道路状況に適応した安全速度を励行する。

  2.割り込み及び無謀な車線変更の禁止。

  3.安全な車間距離を保持する。

  4.脇見運転の禁止。

  5.周囲の状況に注意し、それに応じた運転操作を励行する。

  6.事故など異常事態発生時における緊急措置、旅客の退避等を励行する。

  7.車両故障時における適正な応急措置を実行する。

  8.踏切通過時は手前で必ず一時停止し、安全を十分に確認して通過する。

  9.バック時は後方の安全確認の徹底、車掌が乗務する車両は車掌が運転手と連携をとって
   下車誘導する。

 10.交差点右左折時は歩行者・自転車・他車の動向に十分注意する。

 11.狭路での飛び出し注意・すれ違い時の譲り合いをする。

安全管理規定

  別掲の「安全管理規程」を参照下さい。

輸送の安全に関する組織体制

   輸送の安全確保について、別掲の「安全管理体制」を構築しております。
 なお、統括管理責任者は、運行に携わらない独立した権限を持った安全運行管理室長が担当し、
 社長と緊密な連携を図っております。

社内監査

 1.本社営業所
  平成28年8月3日(月)社内監査を実施しました。

 2.瑞穂営業所
  平成28年8月26日(金)社内監査を実施しました。

 3.東京城西営業所
  平成28年9月6日(火)社内監査を実施しました。

お問い合わせ・ご応募
お電話またはメールフォームからお気軽にどうぞ!

お問い合わせ・ご応募

お気軽にお電話ください!

※お電話の際は「乗務員採用の件で」とお伝えください。

【受付時間】
9:00~20:00
【受付担当】
オオハシ、コバヤシ

困ったときは、お客様サポート

「事業内容についてもっと知りたい!」、「求人応募の仕方がわからない」などご不明な点はお気軽にご相談ください。スタッフが丁寧にご案内いたします。

業務に関するお問い合わせ

求人に関するお問い合わせ